Skip to content
2010/04/18 / highmt

USキーボードレイアウトでSKKIMEを使用する

Windows Vista Business SP2で。

USキーボードを買ったのですが、
キーボードドライバを変更する方法だと、キーボードレイアウトが1システムに1つしか持てない、
とかという話で使うのを躊躇。

窓使いの憂鬱とかのどか(コード署名がつくようになって嬉しいけど、会社では個人のシェアウェア禁止なので使えない。残念)を使えば
いろいろできるけど、結局以下のようにした。

  • [テキストサービスと入力言語]で入力言語と入力システムを切り替えられる
  • 「日本語」にも米国(インターナショナル)の入力システムがあり、これはUSキーボードのレイアウト風に使える
  • けど、これだと、日本語入力するのに米国(インターナショナル)とIMEの切り替えをすることになり不便だし
    そもそもIMEは日本語レイアウトになってしまう
  • 「英語」を追加して、そこに日本語IMEを追加すれば、USキーボードをベースにIMEを使えるかも
  • けど、あいにく「英語」には使える入力システムに日本語IMEが入ってない
  • 「英語」に無理やり日本語IMEを追加しちゃえ

というわけで、以下のようにして「英語」にSKKIME1.5を追加。

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\CTF\TIP\{7F9057A4-CBEF-49DE-814C-584CA6C07DBD}\LanguageProfilex00000409\{4920BE55-E37F-47EB-B868-2C4D6F5FB4B6}]
"Description"="SKKIME ver. 1.5"
"IconFile"="C:\\Windows\\IME\\SKKIM15\\skimic.dll"
"IconIndex"=dword:00000008

今のところ目論見通り動いている。

動的にキーボードレイアウトを入れ替えられるし、
アプリケーションごとにキーボードレイアウトを変えられるし、
Ctrl/Capslockキー入れ替えは別のレイヤーだから有効なままだし、
もしこれで何の問題もなければ、(自分にとっては)いいことずくめっぽい。

何の問題もないことを祈りながらしばらくこれで試してることにしよう。

ただ、会社のPCはVistaじゃないんだな…

あと、MS-IMEやATOKやGoogleIMEはどうなるか知らないです。

——–

2010/04/30 スクロールバー追加

広告

One Comment

  1. Saikoro / 3月 19 2011 19:35

    Vistaでasciiキーボードでskkimeをつかえるようになって助かりました。
    まさにこれがやりたかったのです!
    ありがとうございました!!

コメントは停止中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。