Skip to content
2009/02/28 / highmt

設計書に誤り訂正符号を

埋め込めたらいいなぁ。せめてパリティチェックぐらいほしぃ。
設計書の誤りが自動で見つかるのだからバグも減るでしょう。

たとえば「設計意図」とかは設計書における誤り訂正符号を果たすものだと思うのです。

何も知らないプログラマは、設計書をそのままコーディングするでしょう。
設計バグもそのままコーディングされてしまうし、
設計されていないところはそのままコーディングされないわけです。
しかし、どうしてそういう処理をするのか、というのを知っていれば、
処理が間違っていることがわかるわけです。

設計とプログラマの分業は、この「設計意図」のところで損しているんじゃないかなぁ。

何も知らないプログラマでも、
論理的に矛盾があるところは論理的にコーディングできないわけで、
そういうのはバグとして見つかります。
こういうのは、設計書における誤り訂正符号、パリティチェックとして機能する可能性があります。
今のところ、実際チェックするのは人間なのですが。

ほかにも、他の設計書とか、そういった、設計書のコンテキストを形成するものは、
設計書における誤り訂正符号、パリティチェックとして機能する可能性があります。
いわゆる「レビュー」とかがこれにあたるかもしれません。
でも、そういうところを見るのは、プログラマではなく、設計者であることが多いようです。

そう考えると、結構誤り訂正符号的なものは設計書に埋め込まれているようです。
でも、それをきちんとチェックしないと意味がありません。
きちんとやれば誤りは検出できる、というのは正論ですが、
コストの問題とかもろもろ考えると、
どうにかもっと楽に誤りを見つける(自動的に見つかる)方法はないかなーと
ものぐさな私は考えてしまうのです。
アルゴリズムのチェックは難しくても、ビジネスロジックのチェックぐらいなら、
制約を登録していってそれと矛盾したらNG、というぐらいのことなんで、
なんか簡単にできそうな気がするのですが。

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。